MENU

脂肪肝を治す2つの成分とは

脂肪肝を治すためには肝臓に効く栄養をしっかり摂る必要があります。

 

その中でも特に有効と言われている2大成分というのが

  • オルニチン
  • タウリン

と言われています。

 

それぞれどんな影響を肝臓に与えてくれるのかを知っておきましょう。

 

オルニチンが脂肪肝を治すのにいい理由とは

オルニチンは別名遊離アミノ酸と呼びます。

体が疲れる原因は体にアンモニアが増えていることが原因の一つとしてありますが、このアンモニアを分解して排出する役割をするのがオルニチンです。

 

体がオルニチンを排出するということは新陳代謝によって排出されます。
この新陳代謝が行われる一定の周期のことをオルニチンサイクルと呼ばれています。

 

体が疲れやすい人はオルニチンサイクルが正常ではなく、アンモニアが体に蓄積されているのかも。

 

タウリンが脂肪肝を治すのにいい理由とは

 

特にアルコールの分解に効果があると言われているタウリンですが、その理由はアルコールを分解するには肝臓がとても疲れるということです。

 

その為アルコールがちゃんと分解されない為にお酒が抜けにくく二日酔いになりやすかったり、悪酔いしやすかったりすることもあります。食べ物も同様に肝臓が疲れていると分解しきれずに肝臓に脂肪が付いてしまうわけです。

 

タウリンはそんな肝臓を元気にしてくれると言われています。肝細胞というものを元気に再生させたり、細胞膜をしっかり作って活発にしてくれるお手伝いをします。

 

オルニチンやタウリンを多く含む食べ物とは

肝臓に良いと言われている食べ物なので、こちらはご存知かもしれません。

脂肪肝,治す,しじみ

 

しじみです。

 

ところがしじみをただ食べればいいというわけでもありません。しじみ自体にもタウリンやオルニチンなどを含んでいる量がありますし、ただ食べても全部体に吸収するわけではありません。牡蠣も同様に肝臓に良いと言われていますが、しじみの方が一番と言われています。

 

肝臓を元気にするために吸収させるためには、他の栄養素も同時に取ることや、しばらく毎日続けて少しずつ改善させていくことが必要です。

 

継続させるためにサプリメントが有効なんです。

 

脂肪肝を治すサプリメントが良い理由は

 

毎日継続して簡単に摂ることができるだけでなく、オルニチンやタウリンを多く含んだ上に他のアミノ酸も豊富に含んでいるサプリメントを摂るようにしましょう。

 

脂肪肝を治すために肝臓に酸素を与えてあげることで、肝細胞や細胞膜なども元気になるのです。肌の呼吸と似ていますね。

 

その酸素を運んでくれるのがスクワレン(スクワラン・スクアレンとも)です。

 

脂肪肝治す,スクワレン

 

脂肪肝を治すサプリの中でも特にオススメのレベリズムにはスクワレンも入っていて、肝臓を元気にするのを最大限に発揮してくれるということです。

 

まずは980円で一ヶ月分を試せますので、飲み続けてみて効果を感じてみてください。遅くても一週間も飲めば疲れにくさや体の軽さを感じるかもしれません。(個人差はあります。)

 

レバリズムについてはトップページでも紹介中です

脂肪肝を治すためのダイエットを本気でやりたい方限定!

  • 効率よくお腹の脂肪を落としたい!
  • ライザップみたいに腹筋をギシギシに鍛えたい!
  • 体幹を鍛えて体が動くようにしたい!
  • 運動をする暇がないので家でリラックスしながら鍛えたい!
という方はこのシックスパッド(SIXPAD)もおすすめです。 クリスチアーノ・ロナウドが宣伝しているお腹や腕足に貼るトレーニングEMSマシンです。

SIXPAD(シックスパッド)

シックスパッド