MENU

牡蠣が肝臓にも良いと知ってますか?

牡蠣といえば寒い時期に一番美味しいと言われている旬の食べ物。

 

おいしいだけじゃなく栄養も豊富で健康への影響も大きく関係しています。海の中でミネラルを始めたくさんの栄養を吸収して育った牡蠣には元気になる要素がいっぱいです。

 

男性にとって摂っておきたい亜鉛も豊富なので、特に男性には食べておきたい食材の一つでもあります。

 

肝臓に良い牡蠣の栄養とは

 

牡蠣にはこんな栄養が含まれています。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • 亜鉛
  • タウリン
  • ビオチン
  • 葉酸
  • カリウム
  • マグネシウム
  • グリコーゲン

他にもたくさんの栄養を含んでいる、超健康といえるくらいの食材。
海のミルクと言われているくらい美味であるのも牡蠣の魅力ですよね。

 

ところで脂肪肝を治すのに摂っておきたい栄養はなにかわかりますか?

 

答えはタウリンです。

 

肝臓に良いタウリンの効果

タウリンという肝臓にとってとても良い栄養は牡蠣だけでなく魚介類に多く含まれています。

 

サザエやしじみなどにも多く、魚で言えば血合いの部分にも多く含まれています。

 

疲れた肝臓の疲労回復やむくみだったりコレステロール値の改善に良いと言われていますので、肝臓への好影響が関係しているのが分かります。

 

疲れて本来の状態と違う肝臓を元の元気な状態に戻そうとする効果のことをホメオスタシスと呼ばれています。

 

糖尿病患者にもタウリンは効果的でインシュリンを分泌させてくれるので貴重な栄養と考えられています。

 

タウリン抱合型胆汁酸(ほうごうがたたんじゅうさん)というのを増やし、体に有害な過酸化脂質(かさんかししつ)を抑えてくれる働きをしてくれます。

 

脂肪肝に対してもタウリンは強力に働く

タウリンは肝臓の状態を正常に戻そうと働いてくれるので、脂肪肝の状態でも正常に戻そうとします。

 

つまり脂質が肝臓に多い状態だと脂肪を排出しようと働いてくれるのです。

 

積極的にタウリンを取り入れることで肝臓は徐々に元気を取り戻してくるのが実感できるまで、1ヶ月はタウリンを摂り続けてみるのが理想です。

 

タウリンを効率よく簡単に摂取するなら

 

現実的にタウリンを多く含む牡蠣や魚介類ばかり毎日たくさん食べるわけにも行きません。

 

牡蠣を何個食べれば良くなる、ということでもなくタウリンを毎日1000mg程度摂ることで肝臓は元気になると言われていますが、実際には食材を買うのも大変ですし、料理も大変でお金もかかります。

 

牡蠣の場合は100gで1130mgのタウリンを含んでいると言われていますが、牡蠣は生物ですし新鮮なうちに食べる必要があります。

 

そう考えると食事でタウリンを摂るよりも、サプリメントで摂ることが一番のおすすめです。

 

タウリンを効率よく摂取できるサプリメント

 

サプリメントの中でもレバリズム-Lはタウリンだけでなくスクワレンなど肝臓に良いと言われている成分を多種で最適な含有量を含んでいます。

 

これを毎日続けるとなるとサプリメントほどコストが安く効果的な方法はありません。

 

もしタウリンを試してみたいという方は1ヶ月でいいのでサプリメントを試してみてください。初回は安くなるのでオススメできます。

 

牡蠣のタウリンを摂れるレバリズムの紹介はこちらの記事でやっています

【2017年最新】女性にも脂肪肝対策に人気の高いサプリ

お腹の脂肪を落とすのは思っている以上につらくないですか?
内臓脂肪・皮下脂肪を落とす効果ならこのサプリが2017年注目されています。

今までの脂肪肝サプリより人気の理由
  • 消費者庁の届け出あり(公式サイトで説明あり)
  • 定期便は2回目の解約も無料でok
  • 2回目以降の定期便もダントツに安い(2808円)
  • 初回980円のみ
  • 男性だけじゃなく女性にも支持が大きい
  • コンビニ払い・代引きも手数料無料
今までのサプリに不満のある方にも満足できる最高のサプリじゃないかなと思います!

まずはウエスト周りの贅肉を落として楽になってからでも運動や食事制限を始めるのは遅くありません!

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら