MENU

脂肪肝は数値に表れています

脂肪肝,採血

脂肪肝とは症状の出にくい肝臓の病気です。

 

私生活の中で普通に生活をしていても、痛いとか苦しいという症状は感じることはほぼありません。

 

何かあるとすれば脂肪肝から肝炎や肝硬変などかなり危険な状態に進行しているケースなどがあります。

 

脂肪肝でも疲れやすい・眠たくなりやすいといった症状を感じている人は多いものの、脂肪肝が原因と思う人はいないでしょう。

 

脂肪肝だと気付くには健康診断の数値に注目

 

もし脂肪肝の場合は血液検査の結果に異常値が現れることがほとんどです。特にこの数値には注意しておきましょう。

 

γ-GTP(ガンマ−ジーティーピー)

50IU/Lを超えると注意

γ-GTPとは酵素の一種です。アルコールを肝臓で分解するときに増えると言われています。脂肪肝により肝臓の元気がなくなってくるとこの値が高くなります。

 

ALT(GPT)

30IU/Lを超えると注意

 

この値はウイルス性肝炎の場合高くなります。以前より近年基準値が下がり、隠れ肝臓病として判断される基準となりました。幹細胞が破壊されることで血液の中に流れでてしまうために高い値が出ます。

 

AST(GOT)

30IU/Lを超えると注意

肝臓細胞の中で作られる酵素の一種です。肝臓の幹細胞だけでなく心臓などにも存在していて、一定の量は代謝に必要な酵素となっていますが、脂肪肝の場合は値が高く出てしまいます。

 

脂肪肝の数値は体型に関係しないことも

 

脂肪肝は太っている為に脂肪が多いと思われがちですが、隠れ肥満という体が細い割に脂肪が付いている人もいますし、脂肪自体は多くなくても肝細胞に脂肪が多く取り込んでいるという状態もあります。

 

お酒などのアルコールを飲まない人でもウイルス性などは肥満でも酒飲みでもないのに脂肪肝として診断を受けることもあります。そんな時はダイエットをするのではなく、医師からの診断を聞いて治療しましょう。

 

一例としてはウルソ錠を処方されて薬で脂肪肝を治すこともあります。

 

脂肪肝の数値だけを見て自己判断しないこと

 

脂肪肝,血液検査

 

自分が脂肪肝かもしれないと思うのは健康診断の結果を見れば分かることもあります。ですが一般の素人が決められるわけではありません。

 

最終的には血液検査だけでなくエコー(超音波)なども使い、内臓の診断を行った後に医師からの診察で分かるようになります。

 

もし脂肪肝の可能性があれば、健康診断の結果として後日「要再検査」や「要精密検査」といった項目としてお知らせが来ます。そこから再び病院で精密検査を受けることで脂肪肝だと特定できることがあります。

 

素人判断で「自分はただの脂肪肝だろう」と判断して再検査に行かないのはとてもリスクがあります。必ず再検査で肝臓の状態を確認してみることを薦めます。
脂肪肝の数値を下げる方法はこちらがおすすめです


【2017年最新】女性にも脂肪肝対策に人気の高いサプリ

お腹の脂肪を落とすのは思っている以上につらくないですか?
内臓脂肪・皮下脂肪を落とす効果ならこのサプリが2017年注目されています。

今までの脂肪肝サプリより人気の理由
  • 消費者庁の届け出あり(公式サイトで説明あり)
  • 定期便は2回目の解約も無料でok
  • 2回目以降の定期便もダントツに安い(2808円)
  • 初回980円のみ
  • 男性だけじゃなく女性にも支持が大きい
  • コンビニ払い・代引きも手数料無料
今までのサプリに不満のある方にも満足できる最高のサプリじゃないかなと思います!

まずはウエスト周りの贅肉を落として楽になってからでも運動や食事制限を始めるのは遅くありません!

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら