MENU

脂肪肝をすぐ治すサインである自覚症状とは

脂肪肝というのは急にドンと来る症状ではありませんよね。

 

毎日の積み重ねで脂肪が肝臓に溜まっていくだけなんです。症状も同様に急に出るわけではありません。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるくらいなので、ただでさえ痛みとか苦しさを感じにくい臓器です。

 

ではどういう時に脂肪肝だと分かるのでしょうか?

 

脂肪肝だと分かるのはどんな時?

脂肪肝だと判明する人の多くは、会社などで受ける年に一度の健康診断がきっかけです。

 

去年は太り気味のB判定だったけれど、今年の血液検査ではC判定で再検査が必要となった、ということで精密検査で血液検査をすると血中の脂質が多すぎるということで脂肪肝が疑われることが多いのです。

 

 

脂肪肝,発覚,治す

 

もしかすると脂肪肝ではなく肝炎かもしれないと、更に精密検査が必要になる場合もあります。

 

多くの場合は健康診断などによる血液検査で発覚する事が多いようです。

 

脂肪肝を治すために早く気がつく為の方法

健康診断を毎年行っているという人ならばまだ良いかもしれません。

 

ですが一年という間で食事は毎日食べますし、ストレスも常にかかっているような人は思っている以上に進行が早く悪影響が出るケースも考えられます。

 

例えばこういう体調の変化が脂肪肝のサインだったりします。

  • 脂肪肝かも知れない初期症状
  • 体がだるい
  • 食事を摂るとすぐ眠くなる
  • 頭がボーっとすることが多い
  • 集中力がない
  • 一年で5キロ以上太った

 

もしこんな状態に思い当たりがあり、脂肪肝かなと思ったら血液検査を受けてみるのも良いと思います。

 

ですがまずはその原因となっているだろう問題点を思い直してみてはどうでしょうか?

 

運動不足や食事やお酒など日常生活の中での不摂生やストレスなど、いろんなやり過ぎている感じが思い当たりませんか?

 

脂肪肝を治す為の男性にありがちなことについてはこちら