MENU

脂肪肝を治すと病気しない?

脂肪肝を治さず放置することで重病に発展してしまう恐れがあるのはご承知かと思います。

 

脂肪肝,病気

 

脂肪肝から悪化して考えられる病気といえばこのような病名が有名です。

 

肝炎(かんえん)

 

アルコールが原因の場合はアルコール性肝炎と呼ばれています。

 

アルコールを飲まないという方の場合は非アルコール性脂肪性肝炎と呼ばれNASHと呼ばれたりもします。

 

他にもウイルス性のB型肝炎やC型肝炎と呼ばれるものもあり、これは初期の状態で早期発見をすることで薬・抗生物質などで治すことが可能です。

 

今は薬も保険適用になっているものがありますので、早期発見が何より大事だということですね。もし脂肪肝であることがわかっている場合、肝炎ウイルス検査を受けてみるとウイルスが判明します。

 

肝硬変(かんこうへん)

 

この症状は肝臓が硬くなるというそのままの症状です。固くなるのは肝臓が縮まってしまうためです。

 

肝臓の活動としては正常に動くことが出来ずに、細胞が死んでしまっている状態にあります。たいへん危険な状態なのですが、肝臓という臓器は痛みなどもなく気付かないことがあるのがとても怖いですよね。

 

脂肪肝を放置していることで肝硬変になるリスクが高まりますので、脂肪肝を治すことはとても大事なのが分かります。

 

肝臓がん(かんぞうがん)

 

がんとは病気の最上級であり、本当に末期の病気です。治療しようと思うと除去するしか無いケースも出てきます。

 

肝臓がんには2つの分け方ができます。

 

一つは脂肪肝が肝硬変になり、肝硬変を放置することで進行する肝臓がん。
このがんのことを成人原発性肝臓がん(せいじんげんぱつせいかんぞうがん)とも呼ばれます。

 

もう一つのがんとは脂肪肝とは関係なく、他の部位にできてしまったがんが転移するものです。
このがんを転移性肝臓がん(てんいせいかんぞうがん)と呼ばれます。

 

脂肪肝を治すと病気しないケースとは

 

脂肪肝が関係しないアルコールやがんが転移するものにおいては、脂肪肝でなくても重たい病気にかかってしまうことがあります。

 

ですが脂肪肝を放置することで肝臓病を患ってしまうリスクはかなり高いことが分かりますよね。

 

脂肪肝が原因の場合、肝臓を殺してしまわないためには、脂肪肝を治すことしかありません。脂肪肝の場合ならまだ簡単に改善することが出来ます。

 

脂肪肝を治す為に予防として何をする?

 

少しのダイエットをするために食事や運動を取り入れるだけなんです。そこからはじめて継続をする喜びを感じることが大事です。

 

脂肪肝,病気,予防

 

脂肪肝が軽減すれば体が楽になるのを感じられるので、どんどん脂肪肝を治す良いスパイラルに入ります。まずは上記の脂肪肝が進行することで起こりうる病気を想定してみてください。

 

脂肪肝への対策・改善はこちらから

【2017年最新】女性にも脂肪肝対策に人気の高いサプリ

お腹の脂肪を落とすのは思っている以上につらくないですか?
内臓脂肪・皮下脂肪を落とす効果ならこのサプリが2017年注目されています。

今までの脂肪肝サプリより人気の理由
  • 消費者庁の届け出あり(公式サイトで説明あり)
  • 定期便は2回目の解約も無料でok
  • 2回目以降の定期便もダントツに安い(2808円)
  • 初回980円のみ
  • 男性だけじゃなく女性にも支持が大きい
  • コンビニ払い・代引きも手数料無料
今までのサプリに不満のある方にも満足できる最高のサプリじゃないかなと思います!

まずはウエスト周りの贅肉を落として楽になってからでも運動や食事制限を始めるのは遅くありません!

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら