MENU

クルクミンって何?

クルクミンというのは肝臓に大きな影響をもたらすことが確認されている栄養成分。
クルクミンはターメリックの主成分として有名ですよね。ターメリックといえばカレーというイメージが強いですが、ウコンの主成分とも言われています。

 

まさにお酒飲みの人にはご存知だと思いますが、肝臓に良いと言われているウコンはクルクミンを豊富に含んでいます。

クルクミンの効果

特にコレステロール値を下げるので、メタボの人には重宝されています。ウコンと聞けば体にとって良いものというイメージが強いと思います。

 

最近は肝臓だけに限らず、いろんな場所にとっても良い働きをしてくれることが分かってきています。

  • 筋肉疲労
  • アレルギー
  • 関節炎
  • リウマチ
  • 痴呆症
  • がん

これらの病気や症状にも大小はありますが、効果があるものと言われています。

 

なぜクルクミンはいろんな病気に効果がある?

クルクミンを摂取すると胃から腸へ行き、血液内に吸収されます。そして全身の部位にクルクミンが届けられるのですが、そこでは炎症を抑えたり、活性酸素を取り除く効果があると言われています。

 

活性酸素を取り除く効果を抗酸化作用と呼びます

 

抗酸化作用があるものは他にも水素水などがありますが、ウコンによるクルクミンは昔から日本でも親しまれている食材ですし、沖縄などでも泡盛と一緒に飲まれていたり、ポピュラーで効果を感じられていることがいえます。

 

摂っておきたいクルクミンの摂取量

 

およそ30mg程度摂っておけば体にとって十分抗酸化作用は感じられるようです。

 

泡盛にウコンを入れるうっちん割などはお酒の量に比例しますので、脂肪肝の人は30mlくらいは毎日飲み続けてみましょう。

 

ただクルクミンを含んだ食材だけで摂取量を満たそうとすることはかなり大変です。サプリメントが一番いいですね。
私はこのゲンキウコンが一番クルクミンが多いのと、コストパフォーマンスが一番高いのでこちらに決めています。

 

>> ゲンキウコン

 

ゲンキウコン,クルクミン,脂肪肝

 

摂ってはいけないクルクミン

 

脂肪肝程度なら肝臓を活性化させるために摂っておきたいですが、既に肝炎や肝硬変といった症状が発生している場合は、肝機能障害を強く感じることがあるようです。

 

 

他の薬を日常的に飲んでいる人もあまりおすすめではないです。毎日体の怠さを始め、肝機能障害を感じている人は医者での診断が最優先ですね。

 

肝臓も早期治療が大事です。ただの脂肪肝であれば、クルクミンのサプリゲンキウコンを始め、脂肪肝用のサプリメントも一緒に飲み続けるといいですね。

脂肪肝用のサプリメントはこちらで解説中