MENU

まだら肝ってなんだろう

まだら肝とは内臓脂肪をエコー検査すると脂肪が白く映像に反応してまだら模様に見えることからまだら肝と呼ばれています。

「まだら肝臓」や「肝臓まだら」「まだら脂肪肝」と呼ぶ人もいます。

 

脂肪肝というのは肝臓に脂肪がベッタリ付いているだけじゃなく、霜降り状に脂肪が入り混じっている状態だったり、人によって違うことがあります。

 

脂肪肝の付き方が固まっていても、まばらに入っていてもどちらが悪いとか現在はまだ良くわかっていませんが、いずれにせよ少しでも早い脂肪の減量を行うようにしましょう。

 

まだら肝臓の特徴

 

脂肪の付き方については詳しく分かっていないのですが、イメージとしては安いステーキは肉の周りに白い脂が固まって付いていますよね。これが一般的な脂肪肝のイメージだと思います。

 

まだら肝臓は霜降り状だったりもっと脂の塊の大きい斑点模様の様な状態だったり様々です。

 

まだら肝,脂肪肝

 

脂肪肝の種類の違いをイメージしてみた

 

イメージとしてはしっかりお腹の外側からも内側からも体温を高くして、運動も程よく行うことが理想です。個人的に思うのは塊が大きければ脂肪が落ち始めるまでに時間はかかりますが、落ち始めると大きく痩せるイメージがあります。

 

ステーキ,脂肪肝

 

まだら肝臓の場合は、痩せ始めるまでの時間は長くなく比較的早く落ち始める反面、少し体重の原料は小さいのではないかという推測ができます。

 

このイメージで行けば、まだら肝臓の場合はあまり太っていない人=アルコール性脂肪肝の人に多いのではないか、と思っています。

 

まだら肝臓はどうやって治す?

 

基本的には脂肪肝なのですから、食事と運動や生活習慣を改善することが効果的です。

 

といっても曖昧ですので、まずはアルコールをよく飲む方は飲み過ぎとおつまみの食べ過ぎを減らすことからはじめて見るのが良いと思います。
お酒を飲むからといって一気に太るケースはあまり多くはありません。どちらかと言うと慢性的にお酒を飲んでおつまみを食べる習慣も脂肪肝になりやすいので、日々の積み重ねで脂肪がつくケースが多いと推測します。

 

 

簡単な運動も脂肪肝を治す習慣に入れる

 

急激な運動ではなく、毎日少しずつでも良いので継続的に、体に疲労感を感じる程度の運動量で消費カロリーを増やしていくことが効果的です。

 

合わせてお風呂にもしっかり入り、体を温めて血流アップも図りましょう。

 

脂肪の付き方は関係なくどれも体にとっては良いことばかりです。脂肪肝が治り肝臓が元気になってくると自然と疲れにくい体になるのを実感できる様になると思います。

 

軽い運動,脂肪肝

 

肝臓本来の機能を取り戻して脂肪肝を治す

肝臓を元気にするにはオルニチンやタウリンといった成分を摂ってあげることで改善しやすくなります。脂肪を減らすと同時に肝臓への栄養を与えるようにオルニチンやタウリンを多く含んだ食事を心がけてみましょう。

 

脂肪肝を治すための栄養補給としては、サプリメントを飲むだけで十分肝臓は元気になるはずので、私自身もサプリメントで肝臓機能の改善を行なっています。かなりおすすめです。

 

脂肪肝を治す方法を習慣化出来るまでまずは2週間程度意識しながら続けてみましょう。

 

脂肪肝を治す効果的な情報へ

【2021年最新】内臓脂肪や飲酒が気になる方にチェックして欲しい

お酒の後や食べすぎ、不規則な生活、ストレスやお酒など
脂肪肝の問題は結局、肝臓の使いすぎが大きな原因。

一か月の肝臓ケアを始めるために必要なのは
一週間分の500ml缶ビールの値段。

実際にお腹の脂肪を落とすのは思っている以上につらくないですか?
このウコンがよくあるウコンとどう違うのか一度確認してみてはどうでしょう。
この商品がロングセラー商品の理由
  • 初回1058円(税込)
  • 送料は定期コースだと165円から
  • クルクミンの含有量が豊富
  • 一回分が個包装なので持ち歩きしやすい
  • 男性だけじゃなく女性にも支持が高い
  • 不明なことはサポートにすぐ聞ける
いろんな商品が脂肪肝の方向けに販売されていますが、ロングセラーなものが結局安心でコスパも良いと思います。

興味のある方はぜひお試しを。気になる事があれば、サポートへ電話もできます。